Careerキャリア開発

社員の成長意欲を支える、バクスターのキャリア開発プログラム

キャリアとは会社のものではなく、社員のものです。バクスターでは、働く社員の属性が多様であるように、ひとつの「正しい」キャリアパスはないと考えています。社員一人ひとりが自身のキャリア開発を自律的に推進できるよう、会社として様々なリソースやサポートを提供しています。

キャリア開発は「梯子型」だけでなく「格子型」も

バクスターでは、いわゆる「梯子型」のキャリアだけではなく、専門性の軸を持ちつつも職務や役割の変化など、横の移動も経験しながら前進する「格子型」のキャリア開発が存在します。個人のスキル、価値観、関心、ビジネスニーズに応じて、多様なキャリアパスの可能性があるのです。

  • 梯子型(ladder)
  • 格子型

キャリア開発のフレームワーク

実践70% フィードバック20% トレーニング10%

こういったキャリア開発は、継続的、中長期的なプロセスの中で達成されます。キャリア開発の基本は担当する職務の実践を通じた能力開発であり、これを補完するものとして、結果やプロセスへのフィードバックやトレーニング(Off-the Job Training)などを整備しています。

開発を支援する様々な社内リソースとサポート

キャリア開発に取り組むにあたり、バクスターの社員は上司からの支援だけでなく、オンラインシステムなどを通じて社内のリソースを十二分に活用することができます。もちろん、英語学習やe-learningをはじめとした各種「自己啓発プログラム」も完備。さらには、社員の自律的なキャリア開発を支援する「人材プロファイル」の仕組みも導入しています。「人材プロファイル」とは、社員が自身の職務経歴やスキル、成果などを社内に登録・公開することで、グローバル全体で適材適所を実現する、グローバル共通のオンラインシステムです。

ページの先頭へ戻る