ニュース・更新情報

バクスターインターナショナル基金 宮崎県の特定非営利活動法人に助成金を提供

2008年9月11日

バクスターインターナショナル基金は、バクスター株式会社を通して、特定非営利活動法人 キャンバスの会に2年間で28,000ドルを助成することを発表しました。キャンバスの会は、障害者の自立や社会参加を支援する特定非営利活動法人です。バクスターインターナショナル基金は、医療へのアクセスの向上や医療の質または費用対効果の向上を目的とした活動に対して、助成金を提供しています。今般のキャンバスの会への助成は、バクスター株式会社の地域支援への取り組みを象徴するものです。

助成金について
バクスターインターナショナル基金は、キャンバスの会による精神障害者および身体障害者に対する居宅および退院後の支援活動を助成します。2006年の障害者自立支援法の制定にともない、障害者の自立や社会参加がより一層求められる中、キャンバスの会は、バクスターインターナショナル基金からの助成金を使用して、障害者の自立支援活動を充実させるとともに、障害者に対する地域社会の理解促進に取り組みます。

キャンバスの会について
キャンバスの会は、障害のある子どもが地域社会で自立を実現するための支援を行う、宮崎県都城市の特定非営利活動(NPO)法人です。身体および知的障害児の居宅介護支援事業や身体および知的障害者のデイサービス事業を含む、障害(児)者に対するさまざまな支援を行っています。利用者が将来、親と離れたときも精神的に自立して地域社会の一員として生きがいを持って生活できる施設であること目指しています。

バクスターインターナショナル基金について
バクスターインターナショナル基金は、バクスターインターナショナルインクの慈善事業部門として、医療へのアクセスの向上や医療の質または費用対効果の向上への取り組みを支援しています。2007年には、世界18ヵ国68団体に対して、310万ドルを助成しました。その助成金は、児童の保健教育の促進、ホームレスの人々へのメンタルヘルスや医療サービスの提供、ドメスティックバイオレンスを受けた児童に対するセラピーの向上、児童や高齢者、無保険者の医療へのアクセスの向上などを目的とした取り組みに活用されています。

バクスター株式会社について
バクスター株式会社は、腎不全、血友病、輸液、麻酔、疼痛管理の領域に特化した世界的なヘルスケアカンパニー、米バクスターインターナショナルインクの日本法人で、医薬品、医療機器、バイオサイエンステクノロジーを中心とした医療サービスを患者さんや医療現場に提供しています。

本件に関するお問合せ先

バクスター株式会社 コーポレートコミュニケーション部
(03) 6204 3680
または
(03) 6204 3768