バクスター、グローバルワイドなインクルージョンとダイバーシティの推進により「Global Inclusion Index」企業に選出

報道関係者向けプレスリリース
  • バクスターの日本、 ブラジル、中国、フランス、ドイツ、インド、アイルランド、イタリア、メキシコ、シンガポール、英国の11カ国がインデックス選出されました。

  • インデックスはTransparency and Demographics (雇用慣行の透明性と性別、年齢、障がいの有無や国籍などの従業員の属性における多様性)、採用、雇用、キャリアの構築や人材育成におけるベスト・プラクティスの実践、コーポレートカルチャーの推進と企業責任の明確化において評価されています。

PDF

Japan - April 22, 2021

small

報道関係者各位

この資料は、米バクスターインターナショナルインクが2021421日に発表したプレスリリースを日本語に翻訳再編集し、皆さまのご参考に提供するものです。 この資料の正式言語は英語であり、その内容およびその解釈については英語版が優先します。

 

2021421日 イリノイ州ディアフィールド発

世界的なメディカルプロダクト企業、バクスターインターナショナル社(NYSE:BAX)は本日、米国Seramount社(旧ワーキングマザーメディア社)が実施するGlobal Inclusion Index調査において、日本法人バクスター株式会社を含む11か国の現地法人が多様性の受容(インクルージョンとダイバーシティ)の指標を満たしていることに基づき「Global Inclusion Index」企業に選出されたことを発表しました。

このインデックスの選出は、米国に拠点を置くSeramount社によって実施されており、女性の雇用とキャリア構築の取り組みを実施していること、マイノリティに属する人々に活躍の場を与えていること、企業内で多様性を受容し尊重する文化を醸成していること、そして各国の経営およびマネージャー層がその責任を負っていることについて評価を行っています。バクスターは、調査対象となったすべての国において、その指標を満たしていると評価されました。

バクスターの人事担当シニア・バイスプレジデントのジーン・メイソン氏は「Global Inclusion Indexへの選出は、当社が最も働きがいのある企業となるべく、従業員が安心感をもって本来の自分自身を生かしながら働くことのできるインクルーシブな環境の構築に、世界中で取り組み続けてきた成果です。評価されたことを大変光栄に思います。」と述べています。

バクスターではグローバル規模でコミットしているダイバーシティとインクルージョン推進のために定められた目標に対し、各地域と国の経営層がそれぞれの文化や社会ニーズに即した施策を展開することにより、多様性を受容し尊重する就業環境を構築しています。

「欧州地域では、より多くの女性をリーダーシップの職位へと引き上げていくことを優先事項としています。欧州計21か国のバクスターのビジネスリーダーたちは、それぞれの地域/国ビジネスのなかで少なくとも1人の女性をスポンサーし、プロフェッショナルとして優れた成長を実現すべく責任をもって支援しています。そして、これらの取り組みが実際に前向きな影響をもたらし、バクスターで働く女性たちのキャリア構築を推し進めているのを目の当たりにしています。」とメディケーション・デリバリーおよび医薬品事業西ヨーロッパ地域担当バイス・プレジデントであり、同社のヨーロッパ地域インクルージョン&ダイバーシティ委員長であるアンドリュー・ゴールドニー氏は述べています。

バクスターは、これまでにもForbes社の「多様性を推進する米国企業 」や 「女性が働きやすい米国企業」、またSeramount社の「ワーキングマザーのためのベストカンパニー100」、「父親のためのベストカンパニー」や「女性エグゼクティブのための企業」に選出されており、そのダイバーシティとインクルージョンへの取り組みは各所で評価されています。

さらにバクスターは、ヒューマンライツキャンペーン財団の企業平等指数において一貫して100%のトップスコアを獲得するほか、Diversity Best Practices Inclusion指数と障がい者平等指数においては参加企業上位10%に位置するとの評価を得ています。また世界各国の現地法人においても、多様性の受容と尊重に関する実績を表彰されています。バクスターのグローバル規模でのI&Dの取り組みの詳細はこちらをご覧ください。

今回実施されたSeramount社の調査では、女性従業員の割合や採用面接に女性を含む多様な属性や経験をもつ候補者を含むこと、メンタリングやスポンサーシップの実施などの人材育成上のベストプラクティスの実践、各地域/国において多様性、公正さやインクルージョン施策を展開するための社内組織を設置していること、そしてこれらに対する経営者の責任を明確化することなど、その調査項目は30以上にのぼります。女性に対する取り組みを実施しているか否かが各国の調査に必ず含まれ、そのほかにも地域特性によって障がい者雇用の有無や従業員の年齢なども対象となっています。アルゼンチン、ブラジル、カナダ、チリ、中国、フランス、ドイツ、インド、アイルランド、イタリア、日本、メキシコ、シンガポール、ベネズエラ、英国の15カ国の中からデータを提出することができ、インデックスに選出されるには、それぞれの国で60パーセントのスコアを獲得することが必要となります。

 

■Seramount社について

Seramount社は職場における多様性の推進、公平さとインクルージョンの実現を実現すべく戦略的なプロフェッショナルサービスを提供する企業です。40年間に及んで展開している定性的、定量的指標による職場評価は、クライアント企業に受容の文化をもつインクルーシブな職場の構築がビジネスに貢献することを実感させ、企業をエンパワーしています。実用的なインサイト、データに基づいたソリューション、そして 心に響くイベントの実施を通じ、この絶えず変化する世界のなかで新しいコーポレートカルチャーを構築することを支援しています。

 

■バクスター株式会社について

バクスター株式会社は世界的なヘルスケアカンパニー、米バクスターインターナショナルインクの日本法人です。2019年、日本法人設立50周年を迎えた当社は腹膜透析、血液透析に関わる透析製品事業分野、吸入麻酔薬や急性血液浄化治療をはじめとするホスピタルプロダクト事業分野、局所止血材や癒着防止吸収性バリアを中心としたアドバンスサージェリー事業分野を軸に医薬品、医療機器のリーディングカンパニーとして、イノベイティブな製品とサービスを提供し、日本の医療現場に貢献して参ります。

https://www.baxter.co.jp/

 

■バクスターインターナショナルインクについて

バクスターは、日々、数百万もの患者さんおよび医療従事者・介護者に、クリティカルケア、栄養関連、腎臓関連、病院および手術製品などのバクスターの主要なポートフォリオを提供しています。当社は、85年以上の長きにわたり、患者さんの生命を守るイノベーションとそれを実現する医療従事者が交わる重要な領域において事業を行っています。世界中のバクスター従業員は、100カ国以上で使用されている製品、技術および治療法により、医療を飛躍的に進展させてきた豊かな伝統を礎に、次世代の革新的なヘルスケアイノベーションを推進しています。詳しくはwww.baxter.comをご覧ください。

 

【本件に関するお問い合わせ先】

バクスター株式会社 コーポレートコミュニケーション部
03-6890-8744

 

プレスリリース原文Baxter Recognized Globally for Inclusion Efforts(英語)