メインコンテンツに移動

私たちの企業ガバナンス

私たちの企業ガバナンス

企業ガバナンスは今日のビジネス環境において非常に重要です。企業に対する投資家や世間の信頼はかならずしも財務的な実績や製品、サービスのみに基づいているわけではありません。それよりも、企業体制、ボードオブディレクターズのメンバー、設置するポリシーやガイドライン、企業文化、役員や部門長を含む従業員の行動こそが、信頼される企業であるために、ますます重要になっています。当社は、 透明性の高い企業ガバナンスを維持することにコミットしています。

ボードオブディレクターズ

バクスターでは、コーポレートガバナンスの重要性を真摯に受け止めています。ボードオブディレクターズを筆頭に積極的に取り組んでいます。従業員、コミュニティ、顧客、株主の皆さまのニーズに応えるために、優れた企業ガバナンスは重要であると認識しています。

企業ガバナンスの問題

企業ガバナンスに対する当社のアプローチは、複数の重要なガイドラインとポリシーによって明確に表現されています。  これらのポリシーは、バクスターの企業ガバナンスガイドライン、行動規範、証券取引に関するポリシーによって構成され、バクスターの役員と従業員に適用されます。これらは、当社が行なうすべてにおいて「誠実に行動する」という当社の約束に基づいています。  倫理と法令順守のためにコンプライアンスヘルプラインも設置しています。

投資家情報

当社は、株主の方へ財務情報を提供します。当社の年次報告書、委任状説明書、取引、申請、財務スケジュール情報や予定されている投資家との電話会議などのイベントカレンダーを下記からご確認いただけます

SEC申請とインサイダー取引

すべてのバクスターSEC申請にアクセス

これらの申請には、取締役と特定の役員にまつわるバクスターの有価証券における一部の取引が含まれています。 

企業ガバナンスについて

 

企業ガバナンスのガイドライン

1995年、当社は正式な企業ガバナンスガイドラインを制定。最初に制定したうちの企業の1つとなりました。バクスターでは、実施している業務を再調査し、新しい基準を設定しているところです。現在の企業ガバナンスガイドラインにはそのプロセスが反映されています。

コーポレートガバナンスガイドライン(英語のみ)>

行動規範

価値に基づく意思決定に対し直接結びつくバクスターのアプローチは、広範囲で適用されている倫理とコンプライアンスのプログラムで、誠実さというコンセプトに基づいて構築されています。バクスターの行動規範は、従業員およびサプライヤー向けの指南書であり、複数言語で提供され、当社の事業を統括する普遍的な原則を説明する役目を果たします。

    詳細はこちら >

    証券取引ポリシー

    連邦および州の証券法は、証券取引に関して企業の「インサイダー(内部者)」に重要な制限を課しています。バクスターの「インサイダー(内部者)」とは、バクスター(または他の企業の場合もあります)についての非公開情報を知る、あらゆる従業員です。

      証券取引ポリシーをダウンロード>

      倫理およびコンプライアンス

      誠実に事業を行うというバクスターの約束には、適切な財務管理、職場関係、および公的サービス以上のものが必要です。リーダーは、倫理的方法で組織を導くためのフレームワークを必要としています。

      バクスターが企業文化の中にいかに誠実さを取り入れているか、について>

      バクスター倫理とコンプライアンスヘルプラインは、電話とウェブのリソースで、従業員とその家族、サプライヤー、顧客、その他バクスターに関わるステークホルダーが、当社に関する潜在的な倫理およびコンプライアンスの問題を提起しオープンに意見交換を行うために、使用することができます。

      取締会による委員会&チャーター(英語のみ)