バクスターヒルロム社の買収を完了、 150億米ドル規模におよぶメディカルテクノロジーのグローバルリーダー誕生へ

報道関係者向けプレスリリース
  • 病院から在宅に至るまで、世界中のヘルスケアを変革し患者ケアを推進するという  当社ビジョンの達成を加速

  • 両社の統合により、医療現場の効率性を高め医療のアウトカム向上に寄与するイノベーションの機会を創出

  • 相互補完的な製品ポートフォリオとパイプラインによって世界中でヘルスケアへのアクセスを拡充

  • 買収完了後5年目までに1桁台の高いROIC(投下資本利益率)を、3年目末までに年間約2億5,000万ドルの税引前コストの相乗効果を実現することを見込む

  • バクスターの売上と収益において想定より早期の成長が可能に

Two physicians discussing

PDF

Japan -

報道関係各位

この資料は、米バクスターインターナショナルインクが 2021年12月13日に発表したプレスリリースを日本語に翻訳再編集し、皆さまのご参考に提供するものです。 この資料の正式言語は英語であり、その内容およびその解釈については英語が優先します。

 

20211213日、米国イリノイ州ディアフィールドおよびシカゴ発

メディカルテクノロジーの世界的リーディングカンパニーであるバクスターインターナショナル社(NYSE:BAX)(以下、「バクスター」)は本日、ヒルロム社の買収が完了したことを発表しました。バクスターは  ヒルロム社の株式1株当たり156ドル、総額約105億ドル (完了時のヒルロム株式数に基づく)を現金で支払っています。当買収による総企業価値はヒルロム社の債務負担を含め約125億ドルとなります。

バクスターの会長兼社長兼最高経営責任者、ジョー・アルメイダ氏は、次のように述べています。  「バクスターとヒルロム社の統合は、患者さん、医療従事者や従業員、株主の皆さん、そして私たちが貢献する世界中のコミュニティにより素晴らしいインパクトを推進し得る新たな波を引き起こし、私たちの変革を次の段階へと解き放つものです。相互に補い合う私たちの能力を一つにすることによって、 すでに世界中の多くの場所で事業を展開する私たちに、さらなる成長の機会がもたらされます。    そして、患者ケアの強化、コストの削減、医療におけるワークフローの効率向上に焦点を当てた最新鋭のデジタルヘルスイノベーションによるコネクティビティの構築によって、驚くべき新しい可能性が生まれるのです。」

世界中でヘルスケアを変革し患者ケアを推進する、という共通のビジョンを持つメディカルテクノロジーのリーディングカンパニー2社がこの統合によって一つになります。バクスターは現在、患者さんの  自宅、クリニック、外来診療センター、および病院のほぼすべての診療科で、毎日何百万人もの患者さんを支えています。世界各地に設置するビジネスおよびサービス拠点の堅固な基盤を礎に、これまでのヒルロムおよびウェルチ・アレン製品を世界の新たな市場に展開し、製品とサービスの集合的なポートフォリオを世界中のより多くの患者さんや医療従事者の皆さんへ提供する予定です。

さらにバクスターは、医療従事者のワークフローの効率を高めて医療のアウトカムを向上させるという新しい領域で、イノベーションを推進する類まれな機会を得ることになります。バクスターの医療機器は世界中に200万台以上設置されており、その実績のもと、コネクティビティの技術と統合、デジタルヘルスソリューション、データの視覚化と分析、治療法の開発、モニタリングとセンシングの専門性を組み合わせ、患者さんとその医療チームを取り巻くコネクテッドシステムの構築を計画しています。

アルメイダ氏は、また次のように述べています。「私たちは、一つの企業として患者さんと顧客のために新たな方法で価値を創造するポテンシャルを得て活気に溢れています。また、患者さんの生命を守るという私たちのミッションのもと、ワンチームとして結束したパワーによるエネルギーに満ちています。 ヒルロムの皆さんをバクスターに迎えることができ、とても嬉しく思います。」

両社には、社会的責任を果たす企業市民としての強固な伝統があります。職場のダイバーシティ推進と企業の社会的責任における実績、そして個人の尊重、高度なパフォーマンスやプロフェッショナルとしての成長を支援し奨励する環境の醸成において、それぞれ高い評価を得てきました。

■役員および取締役会の任命 について

買収に伴い、バクスターは以下の役員および取締役会の任命を発表しました。バクスターのアメリカ地域およびグローバル事業部門のシニアバイスプレジデント兼プレジデントを務めていたGiuseppe Accogli氏を、新たにエグゼクティブバイスプレジデント兼最高執行責任者(COO)に任命しました。Accogli氏はバクスターに14年間在籍しその職責を拡大してきました。バクスター入社前はMedtronic plc、Tyco Healthcare、後にCovidienに勤務し、セールス、製品、マーケティングでさまざま職務を担いました。

また、買収完了に伴い、バクスターの取締役会は、Henry Ford Health Systemの元社長兼最高経営責任者で、ヒルロム社の取締役会のメンバーであったNancy M. Schlichting氏をバクスターの取締役会に任命しました。 Schlichting氏は現在、Walgreens Boots Alliance、Encompass Health、Pear Therapeuticsの取締役であり、デューク大学保健システム委員会の副議長およびクレスギ財団とデューク大学の理事を務めています。

 

■取引および財務上の要点

バクスターによるヒルロム社の買収提案は、2021年9月2日に発表されています。バクスターはこの統合により、買収完了3年目末までに年間約2億5000万ドルの税引前コストにおける相乗効果がもたらされると予想しています。この見積もりには、両社が統合することによって生じる潜在的な新しい収益成長の機会からの利益は含まれていません。

この買収取引により、買収完了後の最初の通年においてバクスターの調整後1株当たり利益(EPS)は2桁台前半の伸びとなり、完了後3年目までに20%以上に増加すると予想されています。また、バクスターの全体的な調整後EBITDAマージンの中期的な拡大、買収完了後5年目までに1桁台後半の投下資本利益率(ROIC)が予想され、力強いキャッシュフローの創出が期待されます。

バクスターは、固定および変動金利債で78億ドル、3年および5年変動金利のタームローン契約で40億ドル、残りを手持ちの現金で、ヒルロムの買収および想定される特定の債務の借り換え資金を調達しています。最終的な買収資金調達の加重平均コストは約2%であり、加重平均償還期間は約7年です。バクスターは、買収完了後2年以内に調整後EBITDAレバレッジ比率に対する純負債を2.75倍にデレバレッジするよう取り組んでまいります。

 

■バクスターインターナショナルインクについて

日々、数百万もの患者さんおよびケアを提供する方々、そして医療従事者が患者さんの自宅、病院、クリニックや医療を提供される場所でバクスターの業界をリードする診断、クリティカルケア、腎臓領域、栄養領域そして病院および手術に用いられる製品をはじめとしたポートフォリオを信頼し、使用しています。当社は、90年以上の長きにわたり、患者さんの生命を守るイノベーションとそれを実現する医療従事者が交わる重要な領域において事業を行っています。世界中でバクスター従業員は、100カ国以上で使用されている製品、デジタルヘルスソリューションそして治療法により、医療を飛躍的に進展させてきた豊かな伝統を礎に、次世代の革新的なヘルスケアイノベーションを推進しています。詳しくはwww.baxter.comをご覧ください。 また、TwitterLinkedInFacebookでも発信しています。

 

Non-GAAP Financial Measures

This press release contains financial measures that are not calculated in accordance with U.S. GAAP. The non-GAAP financial measures include the following forecasted items: adjusted EPS accretion, adjusted EBITDA margin, net leverage and ROIC. The company defines adjusted EPS accretion as the increase in its adjusted EPS (i.e., diluted EPS excluding special items, net of the related income tax effects) resulting from the Hillrom acquisition. The company defines adjusted EBITDA margin as adjusted EBITDA (i.e., income before interest, taxes, depreciation, amortization and special items) divided by net sales. The company defines net leverage as total debt less cash and cash equivalents divided by the trailing-twelve month (TTM) adjusted EBITDA. The company defines ROIC as free cash flow (i.e., operating cash flow less capital expenditures) derived from Hillrom divided by the enterprise value of Hillrom at the date of acquisition.

Special items include intangible asset amortization, business optimization charges, acquisition and integration expenses, expenses related to European Medical Devices Regulation, and investigation and related costs. These items are excluded because they are highly variable or unusual and of a size that may substantially impact the company’s reported operations for a period. Additionally, intangible asset amortization is excluded as a special item to facilitate an evaluation of current and past operating performance and is consistent with how management and the company’s board of directors assess performance.

Non-GAAP financial measures may enhance an understanding of the company’s operations and may facilitate an analysis of those operations, particularly in evaluating performance from one period to another. Management believes that non-GAAP financial measures, when used in conjunction with the results presented in accordance with U.S. GAAP and the reconciliations to corresponding U.S. GAAP financial measures, may enhance an investor’s overall understanding of the company’s past financial performance and prospects for the future. Accordingly, management uses these non-GAAP measures internally in financial planning, to monitor business unit performance, to evaluate the company’s ability to service its debt, and, in some cases, for purposes of determining incentive compensation. This information should be considered in addition to, and not as substitutes for, information prepared in accordance with U.S. GAAP.

The company is unable to present a quantitative reconciliation to the most directly comparable U.S. GAAP measures for the non-GAAP financial measures used in this press release without unreasonable effort as certain items that impact these measures, such as the potential impact of future business or asset acquisitions or dispositions, intangible asset impairments, restructuring actions, developments related to gain or loss contingencies, or unusual or infrequently occurring items that may occur in future years have not yet occurred, are sometimes out of the company’s control and cannot be predicted.

 

Forward-Looking Statements

This release includes forward-looking statements within the meaning of Section 27A of the Securities Act of 1933, Section 21E of the Securities Exchange Act of 1934, and the Private Securities Litigation Reform Act of 1995, each as amended, concerning Baxter’s business development activities (including the Hillrom acquisition), capital structure (including Baxter’s proposed deleveraging plans) and financial outlook for the combined companies (including anticipated cost synergies). 

Forward-looking statements provide current expectations of future events and include any statements that do not directly relate to any historical or current fact. 

Actual results could differ materially from those discussed in the forward-looking statements, as a result of factors, risks and uncertainties, not under the company's control, including, but not limited to: (i) successful integration of Hillrom with the company and the realization of anticipated benefits of the acquisition (including anticipated synergies and net leverage targets) within the expected timeframes or at all; (ii) potential adverse reactions to the Hillrom acquisition by the company or Hillrom's strategic partners; (iii) the impact of global economic conditions (including potential trade wars) and public health crises and epidemics, such as the ongoing coronavirus (COVID-19) pandemic, on the company and its customers and suppliers, including foreign governments in countries in which the company operates; (iv) the demand for and market acceptance of risks for new and existing products (including the impact of reduced hospital admission rates and elective surgery volumes); (v) product development risks (including any delays in required regulatory approvals); (vi) product quality or patient safety concerns; (vii) the impact of competitive products and pricing, including generic competition, drug reimportation and disruptive technologies; (viii) accurate identification of and execution on business development and R&D opportunities and realization of anticipated benefits (including the acquisitions of Hillrom, Cheetah Medical, Seprafilm Adhesion Barrier and PerClot Polysaccharide Hemostatic System and specified rights to Caelyx/Doxil in territories outside the U.S., and Transderm Scop); (ix) loss of key employees or inability to identify and recruit new employees; (x) breaches or failures of the company’s information technology systems or products, including by cyberattack, unauthorized access or theft; (xi) future actions of national and foreign regulatory and governmental authorities, including Food and Drug Administration, the Department of Justice, the Federal Trade Commission, the Securities and Exchange Commission (SEC), the New York Attorney General and the Environmental Protection Agency, including the continued delay in lifting the warning letter at the company's Ahmedabad facility or proceedings related to the investigation related to foreign exchange gains and losses; (xii) uncertainties regarding actual or potential legal proceedings, including the opioid litigation, ethylene oxide litigation and litigation related to the company’s internal investigation of foreign exchange gains and losses; (xiii) increasing regulatory focus on privacy and security issues; failures with respect to compliance programs; (xiv) U.S. healthcare reform and other global austerity measures; (xv) pricing, reimbursement, taxation and rebate policies of government agencies and private payers; proposed regulatory changes of the U.S. Department of Health and Human Services in kidney health policy and reimbursement; (xvi) the ability to enforce owned or in-licensed patents or the prevention or restriction of the manufacture, sale or use of products or technology affected by patents of third parties; (xvii) global, trade and tax policies; (xviii) any change in laws concerning the taxation of income (including current or future tax reform), including income earned outside the United States and potential taxes associated with the Base Erosion and Anti-Abuse Tax; (xix) actions taken by tax authorities in connection with ongoing tax audits; (xx) fluctuations in foreign exchange and interest rates; and (xxi) and other factors discussed in “Risk Factors” in Baxter’s Annual Report on Form 10-K for the most recently ended fiscal year and other filings with the SEC, which are available on Baxter's website and at http://www.sec.gov. Baxter is providing the information in this communication as of this date and does not undertake any obligation to update any forward-looking statements as a result of new information, future events or otherwise.


Baxter, Hillrom and Welch Allyn are registered trademarks of Baxter International Inc.

 

【本件に関するお問い合わせ先】

Media Contact

Lauren Russ, (224) 948-5353
[email protected]

 

Investor Contact

Clare Trachtman, (224) 948-3020

 

プレスリリース原文BAXTER COMPLETES ACQUISITION OF HILLROM, creating ~$15 billion global medtech LEADER (英文へリンク)