メインコンテンツに移動

EHS&S

EHS&S

効率の向上と資源の保全により環境フットプリントを削減

バクスターの環境、健康、安全性とサステナビリティ(EHS&S)組織は、「卓越した環境への責務、従業員のための充実した福利厚生、負傷者ゼロの職場を推進することで、ステークホルダーに利益をもたらす持続可能な企業を実現する」というもビジョンを推進するため、世界中で実施するプログラムやイニシアチブを管理・調整を行います。当社のEHS&Sポリシーでは、人、環境、ステークホルダーへの貢献について概要を規定しています。

バクスターのEHS&Sプログラムは当社のグローバルEHS&S要求事項に則って、すべてのバクスターの施設が達成し維持しなければならない最低限の基準を規定しています。バクスターは、当社のグローバルEHS&S要求事項に従ってマネジメントシステムを用いたアプローチを採用しています。すなわち、環境面の管理を体系的に行うためISO 14001を、また従業員をリスクにさらす危険を適切に管理するためOHSAS 18001を採用しています。またEHS&S監査プロセスにより、当社の施設が、規制のコンプライアンスを満たし、目的、目標を達成するためのEHS&Sプログラムを有していることを確認しています。ISO 14001およびOHSAS 18001の監査が問題なく行われることで、関連する規制や社内ポリシーへのコンプライアンスを、各施設においてマネジメントシステムによって支える体制を確保しています。

バクスターは、全世界での製造活動におけるサステナビリティの推進に取り組んでいます。当社では、エネルギー、水、原料の効率的な利用を目指すと同時に、廃棄物や温室効果ガスの排出量の削減に努めています。これにより、当社の環境面での実績が向上するとともに、支出を削減し、バクスターへの評価をも高めることができると考えています。

バクスターの環境フットプリントは、当社が全世界において設計、製造、販売する製品によって左右されます。それゆえ、製品による影響を抑制することはバクスターの重点課題です。バクスターの製品のサスティナビリティプログラムでは、R&D、マーケティング、サプライチェーンのグループとの連携のもと、全社にわたりより高度な製品を目指しています。