メインコンテンツに移動

ハリケーン・マリアにグローバル規模で対応する

私たちのコミュニティエンゲージメント

   

2017年9月20日、ハリケーン・マリアがプエルトリコを襲いました。バクスターは、ハリケーンにグローバル規模で対応し、米国と島内にいた患者さんと医療関係者の皆さんおよび当社従業員のニーズを満たすべく支援を行いました。 

バクスター内でハリケーン等の災害に対応するべく常日頃から備えていたことと、当社従業員の島内での勇敢な努力により、嵐が過ぎてから1週間以内に製造部門の一部を再開することができました。2017年末には島内全施設も電力も回復し、通常生産体制に戻り、2018年初頭にはハリケーン以前の製造レベルにまで回復できています。そのため、島内で製造されるすべての製品は市場でご利用いただけるようになりました。 

この島で持続可能な製造体制を完全に回復するには、信頼できる安定した電力供給が不可欠でした。バクスターは、ハリケーンに後に発生した数週間から数ヵ月間にわたった停電時に、島内のすべての施設を稼働させるバックアップディーゼル発電機を備えていましたが、今後もこのような備えを継続していきます。

バクスターは、米国保健福祉省、国土安全保障省、食品医薬品局(FDA)、連邦緊急事態管理庁(FEMA)、プエルトリコ電力局(PREPA)、およびプエルトリコ知事リカルド・ロセッロとそのスタッフの復旧時の支援に対し深く感謝しています。

米国内での製品供給を支援するためのグローバルな対応

プエルトリコでは、バクスターの主に薬局で使用される小容量の非経口輸液(SVP)とそのコンテナシステムを製造しています。それらは医薬品の合成や配合、または医薬品およびアミノ酸と特定のプレミックス製剤の使用を補助するためにに使われています。

Baxter facility in Aibonito, Puerto Rico

米国市場向けの製品供給を支援するため、バクスターはグローバル製造ネットワークを活かし、アイルランド、オーストラリア、カナダ、メキシコ、英国、イタリア、ブラジルのバクスターのから特定製品を一時的に特別輸入するための規制裁量を確保するためFDAと協働しました。2017年10月の特別輸入が開始されて以来、全米の病院に数百万のユニットが出荷されています。

Baxter facility in Jayuya, Puerto Rico

SVPや、バクスターの大容量非経口製品(LVP)が米国内で十分に入手できることに加えて、バクスターはプエルトリコでLVPを製造していなかったため、ハリケーン・マリアがそれらの製造に支障を及ぼすことはありませんでした。さらに、メキシコの製造施設の顧客需要をサポートするために、バクスターはFDAの永久認可を得て追加のLVPユニットを提供しています。

 

 

将来に備える:製品供給のグローバルなアプローチ

米国内の静脈輸液ニーズをサポートし製造上の柔軟性をさらに高めるために、バクスターはいくつかのグローバル拠点を代替製造施設とする永久承認についてFDAの協力を得ており、特定の製品を米国に輸入できるようになっています。現在、アイルランド、スペイン、メキシコの施設から特定のSVPおよびLVP製品を輸入する永久承認をFDAから得ています。

プエルトリコのバクスター従業員と地域社会への支援

Baxter bringing in humanitarian supplies to Puerto Rico.

バクスターは嵐の襲来後すぐに結集し、従業員と地域社会の支援にあたりました。当社の従業員は、交通やサービスが壊滅的な打撃を受けるなかで、移動の困難に直面するだけでなく、家族や隣人の緊急のニーズにも対応する必要がありました。

Baxter manufacturing facility in Puerto Rico providing water to the community.

 

バクスターは2,000人以上のプエルトリコ従業員のガソリン、食料、水およびトイレタリーなどの必需品の調達を支援しました。当社は毎日複数の航空便を手配し、従業員に必要な約25,000ポンドの物資を輸送しました。ガス発電機とプロパンガス用コンロを配備し、製造施設にランドリーステーションを設置して従業員の個人的なニーズもサポートしました。さらにバクスターは従業員に復興支援のための資金を提供しました。

Toys collected by Baxter colleagues for the children of Baxter  employees in Puerto Rico.

 

製造施設周辺のコミュニティに飲料水も提供しました。プエルトリコでの従業員とその家族への支援は、ハリケーンの数週間から数ヵ月後までで継続されました。2017年のホリデーシーズンに当社の従業員は、おもちゃ、本、学用品、スポーツ用品を収集して島内の従業員とその家族に贈る活動を主催しました。